ブログ

このブログでは、考えていることを素直に書いていく予定です。

 

素直さ、これが大事ということについては、おいおい書いていきます。

 

まずは私のことを。

 

1979年生まれ。女性です。

同年代の夫と、年少さんの娘と三人暮らし。

 

このご時世に珍しく(?)専業主婦です。

とはいえ自営業の夫が家に持ち帰る仕事を手伝っているので、

純粋な専業主婦なのか?自分でも謎です。

ただ無報酬&無責任、という意味での自分の位置付けです。

 

朝早く起き、夜早く寝ます。

少食。ミニマム志向。

痩せ型でそこそこ長身。

 

横浜の、山側の住宅地で生まれ育ちました。

マツコデラックスが言うところの「東急線の女」です。

生まれてこの方、三度引っ越しましたが全て東急線沿線。

今も中途半端に鼻につく感じの駅に暮らしています。

 

**************

 

なぜブログを書こうと思ったのか。

それをやっぱり、最初に書いておきたいです。

 

ブログを書く理由、それは私の心を覚えておくためです。

 

00年代初頭、ブログというものがあると知った20代前半の私は小躍りしました。

誰かに自分の考えてることを伝えるのに、まだそう手段のなかった時代です。

なんだかわからないけど、自分を世の中にアピールできるのだ、と。

 

けれど、自意識が人よりも強く、

そして客観性も持ち合わせていた私は、

すぐに自分の初期衝動をセーブすることを考え始めました。

 

自分は、注目に値する人間なのか?

ブログを書くならば、よほどコンセプチュアルに考えないと。

 

いくつか企画性の高いブログにトライしてみた時期もありました。

けれど、コンセプチュアル、というフィルターを通すと私の心はうまく働かなかった。

 

誰かにとって「役に立つ情報」を定期的に届けられるほど、私はマメではなかった。

 

いつかブログから離れ、文章を書く自分に傷つき、書くことから離れ、

SNSも意識的に遠ざけるようになり、

そんな日が重なり十年もの時が流れて、

私は自分の考えていることをつかむことすらできなくなっていたのです。

 

ある人のブログを最近読み、正直さに胸を打たれました。

 

その人の心の中に入っているような感覚が、心地よかった。

 

私も自分の心を書くべきだ、と強く思いました。

 

誰の目にも触れなくていいんです。

素直に、正直に書いていれば、どこかにいる誰かの胸の琴線に触れる日が必ずくるはず。

そんな気持ちで書いています。

 

私の心の中のことなので、このブログに書いてある情報は多くの人にとって全く役に立たないです。

でも今の私は、十年前の私よりも、

役に立たないもの、

コンセプトのないもの、

自分を大きく見せないもの、

素直で正直で、素早いアクションのもの。

これらに価値を置く考え方に傾いています。

 

時代の流れもあるんでしょう。

 

ブログのデザインもカテゴリーも、記事を書きながら作り上げていく予定です。

心に沿って、記録していくことが目的です。

読んだ方はどなたでもコメントしてくださって構わないです。

 

いつか、誰かのタイミングに合いますように。